BoA・ボアは現在何してる?反日活動家で親日発言は『営業トーク』

3月31日に『行列のできる法律相談所』で久しぶりにバラエティ番組にボアさんが出演し、キンタロー。との絡みで話題になっています。

https://twitter.com/id_peacec/status/1112338617769181185

BoAさんといえば

  • LISTEN TO MY HEART
  • VALRENTI
  • メリクリ

などのヒット曲を売り出し、紅白に出場するなど一躍トップ歌姫として日本で活躍されていました。

が、今ではほとんど日本での活動がみられません。

そんなBoAさんの整形疑惑や『反日活動家で親日発言はただの営業トーク』などささやかれていましたので、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

BoAボアのプロフィール

名前:BoA(ボア)

本名:權寶雅(クォン・ボア)

生年月日:1986年11月5日(32歳)

出身地:大韓民国・ソウル

芸能界入りのきっかけは兄のオーディションについていったところ、スカウトされ練習生として2年を過ごし、2000年にデビューしました。

2002年にリリースした4thシングル『LISTEN TO MY HEART』のヒットをきっかけに日本に浸透し、その後『VARENTI』や『メリクリ』など多くのヒット曲を出しランキング上位に君臨する人気歌手にまで上り詰めました。

当時16・7歳で人気歌手入りしたのですが、幼い印象がありつつも立ち振る舞いや姿勢がとても大人っぽい印象がありましたね!

またBoAさんの爆発的な人気をきっかけにK-POPアイドルが日本に進出し、韓流アイドルブームが起きた先駆者といわれています。
さらに噂では、BoAさんの日本へ進出以降の3年間でおよそ154億円稼ぎだしたそうですよ。

スポンサーリンク

BoAの整形疑惑?過去から現在の写真

BoAさんの『顔が変わってる!』との整形疑惑が浮上していたので調べてみました。

ビフォー


アフター


引用元:https://www.google.com/

いかかでしょうか?

人気絶頂期の当時17歳のころと比較的最近のBoAさんの画像の比較ですがですが、対象が15年近くの差があるので顔の肉付きの違いで多少の印象の違いがあるのは当然ですね。

若干の鼻の違和感はあるもののガッツリな大がかり整形はしていないように思います。

とはいえ国民の5人に1人は整形していると言われる整形大国・韓国出身のBoAさんですので整形の可能性は高いですが、よくある整形顔感はあまり感じられないので”プチ整形”なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

BoAが反日活動家って本当?

一部では『BoAは反日活動家で日本での親日発言は”営業トーク”』と言われていますが、なぜそんな風に言われるようになったのか調べてみました。

韓国では日本の初代総理大臣でアジアで最初の立憲体制を作り上げた伊藤博文を暗殺したテロリストの『アン・ジュングン』が英雄とされています。

どうやらこの話をテーマにされた映画『多黙 安重根』の試写会にてBoAさんが「映画をみて愛国心を持ってほしい」とコメントしたとのこと。

ほかにも米韓合作映画の出演の際に”あや”という日本人役に抜擢された際には「日本人役をやりたくない」とのことで、結局”日本生まれの韓国人”に設定は変更されたがそれでも心境は複雑だと語っていたようです。

こういった日本を絡めた否定的にとられる発言が多々みられたことからネット上で炎上していたようです。

日本でとても人気歌手に上り詰めファンが多かっただけにこういった発言や行動があると炎上するのも無理はありませんね。

また一部では『日本での親日家発言は国の裏切り者』とされ、韓国での立場がなくなることから”反日家といわされている”と推測する人もいます。

しかし表舞台に立つ芸能人がこれだけの反日発言があれば、親日家である可能性かかなり低いと考えられるでしょう。

BoAの現在の活動は?

日本での大きな人気を獲得を糧に、満を持してアメリカへ「アジアの歌姫」として進出するもビルボードチャートも127位が限界だったようです。

意気揚々とアメリカ進出したにも関わらず、思うような結果にならずそのまま日本の芸能界からも姿を消したようです。

そんなBoAさんの現在ですが、韓国に拠点を戻し以前のように音楽活動・バラエティ番組の出演など積極的に行っている様です。

日本では音楽番組を中心にたまに出演している様です。

まとめ

  • BoAさんは2002~05年に大人気歌手として活動
  • 日本で反日家としての発言が多数みられ炎上
  • アメリカ進出するも結果が出せず韓国に拠点を戻す
  • 現在は韓国で芸能活動をしている

歌も踊りも実力は相当なものだったのは確かですが、日本ではもう既に『過去の人』となってしまいました。

当時ヒットした曲は今でも素晴らしい曲でパフォーマンスだったと思える作品ばかりです。

現在でもときどき日本に訪れFNS歌謡祭やMUSIC FAIRなど音楽に出演され過去のヒット曲を披露したり、ライブ活動もされているので機会があれば是非彼女の作品を見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事も人気です