綾瀬はるかの紅白歌合戦の司会が下手?過去の放送事故や評判を徹底検証

2019年令和初にして3度目の紅白の司会者に綾瀬はるかさんが抜擢されました。

【過去の紅白の司会者でよかった・ふさわしかったと感じる有名人】ではなんと4位にランクインと高評価を得ている綾瀬ははるかさんですが、

過去2回も司会を務めた紅白歌合戦では、綾瀬はるかさんの天然が炸裂し”放送事故”と言われるほどさまざまな事件を引き起こしています。

そんな絢瀬はるかさんの紅白歌合戦の司会は上手い・下手の評判や過去の放送事故を徹底調査しご紹介します。

スポンサーリンク

紅白歌合戦での綾瀬はるかの放送事故とは

Twitter

ちなみに綾瀬はるかさんは

  • 2013年
  • 2015年
  • 2019年

と、3度目の司会を務める事となっています。

過去の紅白歌合戦での綾瀬はるかさんの放送事故について調査してみると数々のトラブルを発見しました。

天然らしい彼女といえばそうなのですが、やはり1年を締める一大生放送イベントなだけあって緊張するのでしょうか、見ている側がハラハラする珍トラブル続出です!

凄まじい数なので、箇条書きに一気にご紹介します。

天然炸裂!綾瀬はるか司会でとにかく紹介ができない

cinematoday

綾瀬はるかさんの司会のトラブルの多くは何と言っても肝心のアーティスト紹介が上手くできない様です。

  • NMB48の曲紹介でグループ名を噛む
  • 初出場を「はつしゅちゅじょう」と噛む
  • 浜崎あゆみさんの曲紹介でセリフが飛ぶ
  • 天童よしみさんの曲名が飛ぶ
  • aikoの曲名「loveletter」を間違える
  • EXILEを「イグザイル」と紹介
  • 小林幸子さんを「コバヤシサツコ」と紹介
  • 人気子役の寺田心(こころ)くんを「しん」くんと間違い続ける

など司会としてはアーティストの紹介は必須なのに対し、ことごとく失敗している綾瀬はるかさん。

綾瀬はるかのトークの対応が難しすぎる

oricon

他にも司会者さんはある程度、出場者に簡単なトークのやり取りやコメントを求めるシーンがあるわけですが、綾瀬はるかさんは相手との会話のキャッチボールが上手くいかないんです。

綾瀬はるか「三輪さん次はmiwaさんという事で同じ「みわ」としてなにかエールはありますか」
三輪「(なぞのドイツ語)」
~意味が分からず静まり返る会場~
三輪「これはねs…」
綾瀬「では歌っていただきましょう!」

綾瀬はるかさんのフリが難しい!

そして言い切る間もなく、推し進められている司会に笑うしかありません(笑)

伍代夏子さんの歌を披露する前に杉良太郎さんに「杉さん、いかがですか?」
伍代夏子さんの歌終わりに再度「杉さん、いかがですか?」の2度聞き

これには杉良太郎さんもかなり困惑した表情でした(笑)

「もう一回聞くの?」と内心焦りますよね。

さらに衝撃なのが、紅白歌合戦の前日リハーサルではマイクを持たずに壇上するという不安さえ覚える行動もあり、本番でもマイクを忘れないか?周りはハラハラしたようです。

ちなみに綾瀬はるかさんが初めて司会をした2013年のトラブルの数がダントツ多く、2015年でのミスは前回より半減と少しずつスキルが上がっている様子なので2019年は期待したいですね。

スポンサーリンク

過去2回の司会者に世間の評判は?

botchi

綾瀬はるかさんの司会に世間の反応を調査し集めてみました。

綾瀬はるかさんの司会に多くの人がハラハラしながら見守っている様です!

初司会ではとにかくアーティスト紹介もままなりませんでしたし、出場者との会話のやりとりも間が合わなかったりとボロボロでしたからそのイメージが強いだけにハラハラする気持ちは納得です。

しかし3回目の司会ともなれば、過去2回の失敗よりスキルが上がっていることを期待したいですね。

スポンサーリンク

まとめ:綾瀬はるかの司会力は皆無

綾瀬はるかさんの紅白歌合戦での司会力について、過去の”放送事故”とまで言われたさまざまな失敗談を調査してみました。

正直綾瀬はるかさんの司会力については皆無ではありますが、結果面白く笑ってしまえる彼女のキャラクターと白組司会の相方のフォローによって成り立っているのではないでしょうか。

2019年の白組司会は櫻井翔さんなので、彼の司会力を存分に発揮して頂き綾瀬はるかさんは笑いを提供してもらえたらいいのかなと思います!

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事も人気です