黒木華はフランス語が話せるハーフって本当?出身地や高校・大学を調査!

大河ドラマ「真田丸」「西郷どん」や最近では「凪のお暇」など脇役から主演まで務める女優・黒木華さん。

彼女はなんとフランス語が話せるんだとか!しかも一部ではハーフ?なんて噂も・・・いったい出身はどこなのか?またどんな学生時代を送ってきたのか出身高校や大学も合わせて調査してみました。

スポンサーリンク

黒木華のプロフィール

簡単プロフィール
エリアドット

名前:黒木華(くろき はる)

生年月日:1990年3月14日(29歳)

出身地:大阪府

身長:164cm

血液型:B型

黒木華さんの名前はよく読み間違えられるそうですが、華と書いて”はると読みます。「春のように華やかに生きて欲しい」との願いを込められて名付けられたそうで、芸名ではなく本名なのだとか。

また芸能界入りしたきっかけは幼い頃から母親に連れられて映画や芝居をみて育ち、地域の児童劇団に参加した際に演技を褒められたことから興味を持ったそう。

そして黒木華さんは「温かみ・素朴さを感じる和風美人」「落ち着きある昭和的・純日本的な顔立ち」と称されるだけあり、安心感ある雰囲気に心つかまれる視聴者さんは多いはず。

かなりのお笑い好き

とはいえ大人しめなイメージのある彼女ですが、ある番組で芸人・バナナマンと共演した際には大ファンであったことから「キャー」と興奮気味だったようです。

顔をくしゃくしゃにして感情を表現するイメージがないだけに以外にも声を上げるほどテンションがあがることもあるんですね!

ちなみに本当にバナナマンが好きなようでいろんなモノにサインをもらっているんだとか

他にも芸人・千鳥やテンダラーのファンだとも明かしているのですがどうもクセが強い芸人さんが好きなようですね。

小学生時代にテレビ出演

黒木華さんは小学3年生の頃に探偵ナイトスクープ」に依頼者として出演されていたそうです。

その時の一部映像がこちら

黒木華さんめちゃくちゃ幼いですねぇ。

それにしても特技が”足を高く上げること”とのことですが、バレエのY字バランス的なことでしょうか…この探偵ナイトスクープの動画を調べてみましたが詳しい事は分からず仕舞いでした。

蒼井優に似ていると話題

そして黒木華さんといえば、南海キャンディーズの山里亮太さんと結婚した女優・蒼井優さんと似ているとことでも話題ですよね!

画像を見比べてみてもどことなく似ていますよね。

個々の顔のパーツが似ているというより、見た目の素朴さの中に少し妖艶さのある和風美人な部分や落ち着いた雰囲気が似ているのでしょうか。

さらに演技力にも定評ある実力派女優という共通認識もありますよね。

Twitterでも似てると感じる人が多いようですね!

一方で黒木華さんや蒼井優さんによく似ていると言われる一般の方もちらほらいらっしゃり、ある意味よくある顔ということでしょうか?

ちなみに、黒木華さんは俳優・大森南朋さんの妻で女優の小野ゆり子さんにも似ているとの声もあります。

う~ん、、、、どうでしょうか、見る人によっては似ている様にみえるかもしれませんね。

また似ていることが原因?で一部では大森南朋さんの妻は黒木華さんと勘違いされた情報も流れていましたが、実際は黒木華さんは独身でいらっしゃいます。

スポンサーリンク

フランス語を操るバイリンガル

そんな和風美人な黒木華さんですが、なんとフランス語を話せるんだとか。

フランス語って発音もさることながら、聞き取りも文字もとにかく難しい言語のイメージがありますがそんなフランス語を操れるなんてかっこよすぎませんか。

しかし黒木華さんはなぜ、フランス語が話せるのか?についてですが、昔からフランス映画が好きでそこからフランス自体に憧れ・興味をもち習得したそうです。

そして習得した語学が仕事にも活かされていて2018.10~NHK番組にて『旅するフランス語』という番組に出演しています。

映像内では現地フランス国内を旅しながら、フランス語に触れ・学ぶといったシーンが流れるのですが、フランス人とも問題なくやりとりしている姿が見られます。

視聴者の反応からみてもかなりフランス語がお上手なことと、可愛いという声が多くみられます。

さらにこの番組・旅するフランス語でのナレーションは千鳥・ノブであることからひっそり好きな芸人さんと共演していることや、ほんわかした黒木華さんとフランスに絶妙なミスマッチなノブの声にハマる人もいるようです(笑)

旅するフランス語をご紹介したく動画を探してみるも見つけられなかったのですが、再放送も度々されている様なのでチェックしてみてください。

フランス語話者ならハーフなの?

そんなおフランス語も話させちゃう黒木華さんにハーフ説が浮上しています。

いやいや、見た目から言うとめっちゃ日本人やん!と思う人も多くいらっしゃると思いますが、まず結論から言いますとハーフではございません

このハーフ説が浮上したのも”黒木華(読:くろき はな)”という同姓同名のフィリピンハーフモデルの方がいたことで情報が入り混じったことが原因のようです。

ちなみにモデル・黒木華(はな)さんはこちらの方。

全く雰囲気も別人なので本当に名前による勘違いで情報がごちゃまぜになったようですね。

とのことで黒木華さんは大阪府の高槻市出身なのでおそらく幼少期には週末に吉本新喜劇を見て育ったであろうナニワの関西人でいらっしゃいます。

おしとやかなイメージとは違い関西出身という事で意外性を感じるものの、これはこれで親近感がわきますね!

ちなみに同じ高槻市出身の芸能人に

  • 中田敦彦(オリエンタルラジオ)
  • 村上信五(関ジャニ∞)
  • 織田信成(元・フィギュアスケート選手)
  • 槇原敬之(シンガー)
  • 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)

などなどのメンツがいらっしゃいます。

語学はどこで?出身高校・大学は?

ハーフ説は偽情報でしたが、フランス語はどうやって習得したのか?学生時代に専攻していたのでは?ということで出身高校や大学を調査してみました。

まず黒木華さんが通っていた高校は、私立・追手門学院高等学校偏差値58~68と賢い学校に通っていたようです。

追手門学院

追手門学院高等学校は難関私立大学である関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学(略:関関同立)に毎年150人前後の合格者を出す進学校なのですが、、、黒木華さんが追手門に入学した理由は『演劇部に入りたかったから

そして黒木華さんは入部してから”演劇部のエース”として1年から3年まで主役を務め、高校3年生の時には島根県で行われた全国大会にて近畿代表として出演し、なんと優秀賞を受賞したそうで全国2500校中の2位という結果を残しています。

そして追手門を卒業し、進学した先が京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースとのことで映画制作の勉強や演技に磨きをかけていったようです。

京都造形芸術大学

大学に進学してからも自主的に外部のオーディションを受けてアンサンブルとして初舞台デビューを果たしたり、ミュージカルに出演するなどかなり積極的に活動していたそうです。

在学中に数々の舞台作品に出演し”演劇界の期待の新人”として注目を浴びるなど高校時代同様、異名がつけられるほど突出した演技力がさらに頭角を現していたようです。

黒木華さんの語学歴を調査してみましたが学生時代は見る限り演技一色でフランス語に関係する学校に通っていた経歴もなく本当に独学で習得したようですね。

またフランスに住んでいたこともないようなので、演技同様すさまじい努力で習得したのだと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

演技力に高い評価を得ている黒木華さんがフランス語話者ということで、フランスに住んでいた・またはフランスのクウォーター説は全くなくフランスが好きだからと努力の結果、習得したようですね。

またハーフ説も同姓同名のフィリピンハーフのモデルさんとの情報が入り混じったことで誤報が浮上しただけなので、黒木華さんは日本人であり生粋の関西人であることがわかりました。

語学歴をみても学生時代は演技一色な生活をされていたようなので、合間にかなり勉強をされる努力家な方という情報が見られました。

脇役も主役も隔てなく演じられる実力派女優の黒木華さんの今後の活躍が楽しみですね!

漫画がドラマ化!『凪のお暇』で共演した高橋一生が桜井ユキの元カレ?

スポンサーリンク
こちらの記事も人気です