2019年紅白歌合戦に初出場者が予想される歌手と内定者一覧のまとめ

令和初・東京五輪前・70回目の紅白といくつもの節目を迎える期待値が高い今年2019年の紅白歌合戦に”初出場”をする歌手を予想してみました。

また合わせて、随時内定した歌手の掲載・更新をしていきます!

全体の出場者・司会者・特別ゲスト/演出などの予想をまとめた記事はこちら

スポンサーリンク

2019年紅白歌合戦の出場者が決定!

11月14日に第70回紅白歌合戦の出場者の発表がされました。

簡単に出場者一覧に書き出してご紹介します。

※名前に続く()は出場者回数です。

紅組 白組
aiko(14) 嵐(11)
いきものがかり(11) 五木ひろし(49)
石川さゆり(42) Official髭男dism(初)
丘みどり(3) 関ジャニ∞(8)
欅坂46(4) Kis-My-Ft2(初)
坂本冬美(31) King & Prince(2)
椎名林檎(7) King Gnu(初)
島津亜矢(6) 郷ひろみ(32)
Superfly(4) GENERATIONS from EXILE TRIBE(初)
天童よしみ(24) 純烈(2)
TWICE(3) 菅田将暉(初)
乃木坂46(5) DA PUMP(7)
Perfume(12) 氷川きよし(20)
日向坂46(初) 福山雅治(12)
Foorin(初) Hey!Say!Jump(3)
松田聖子(23) 星野源(5)
MISIA(4) 三浦大知(3)
水森かおり(17) 三山ひろし(5)
LiSA(初) 山内惠介(5)
Little Glee Monster(3) ゆず(10)

第70回紅白歌合戦の初出場者一覧

紅組
  • 日向坂46
  • Foorin
  • LiSA
白組
  • Official髭男dism
  • Kis-My-Ft2
  • King Gnu
  • GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • 菅田将暉

今年の白組には初出場者が多く特に20~30代中心に人気が高いアーティストばかりのようです。

スポンサーリンク

女性自身で予想されていた出場者リスト

週刊誌『女性自身』にて紅白歌合戦2019年の出場者内定者が掲載されています。

Twitter

11月14日に決定した出場者と照らし合わせてみても7割ほど予想が一致していたようですね!

スポンサーリンク

紅白歌合戦に初出場する歌手予想と可能性

今年2019年は例年よりも特に注目度が高くなる紅白歌合戦になりそうなわけですが、それに伴い紅白に初出場されるだろうと予想される歌手の面々が豪華なんですね。

あくまで、予想ですが満を持しての初出場か?と期待集まる歌手をご紹介します。

テレビ出演が苦手な【スピッツ】

mankitsu

結成32年目にしてようやくスピッツが初紅白出場か?と噂されています。

2019年には2年ぶりとなるアルバムの発売や、100作品目となるNHK連続テレビ小説なつぞらに主題歌『優しいあの子』が起用されたことで紅白歌合戦への初出場が期待されています。

大阪芸術大学出身【ヤバイTシャツ屋さん】

Men'sJOKER

ヤバイTシャツ屋さんは2018年の紅白歌合戦の出場に有力視されていた3人組ロックバンドです。

『紅白で見たいアーティスト』リサーチでは男女それぞれで1位と3位に選ばれるなど、出場に期待の声が多かったにも関わらず惜しくも逃し「来年頑張ります!」とコメントされていました。

そして今年こそ出場するのでは?と期待されています。

怒涛の勢いで人気を博す【Mrs. GREEN APPLE】

official

Mrs. GREEN APPLEも2018年の紅白には「出場確実か!?」と囁かれていたほど有力候補アーティストでしたが結局出場は叶いませんでした

楽曲『wanted』や『青と夏』とヒット曲があったのに紅白には届かなかったわけですが、これらをさらに超える曲を生み出さなければ厳しいんじゃ?との一部声がありました。

しかし2019年10月に出したアルバム『Attitude』はアルバムチャート1位を獲得しています。

この1位獲得から紅白歌合戦の初出場に期待が寄せられています。

80年代のトップ歌手【竹内まりや】

竹内まりやさんは70年代後半から80年代に活躍した歌手で、2019年3月に11年ぶりとなるテレビ出演を果たしました。

夫・山下達郎さんと結婚してからは楽曲提供やシングル配信などはするものの「子育てや家庭を優先する為」とライブ活動はしておらず、テレビへの露出をほとんどしていませんでしたが、久々のテレビ出演に初出場の可能性が浮上しています。

素性不明の【ずっと真夜中でいいのに。】

『ずっと真夜中でいいのに。』は正式メンバーや素性がほとんど明かされていないユニットで、ソロなのか?グループなのか?さえも不明なアーティストです。

2018年6月4日にYoutubeに初めて投稿されたMV『秒針を噛む』は公開一週間でなんと再生回数20万を越え、更に1年足らずで2000万回再生を突破するという驚異的な注目度を集めています。

ずっと真夜中でいいのに。が公開しているMVは基本的にアニメーション動画なのですが、また独特な雰囲気・イラストタッチの作品となっていて曲だけではなく映像も興味深いMVとなっています。

そんな『ずっと真夜中でいいのに。』の紅白出場はファンからの熱い要望だけでなく、ネット配信を検討しネットユーザーを獲得したいであろう紅白歌合戦としてはこれだけ話題になっている”謎めいた”アーティストの出場が決まれば注目が集まる事は必然なので出場の可能性が高いようです。

可愛いと話題のソロシンガー【美波】

美波(みなみ)さんはツイキャスでの弾き語りからじわじわと人気を集め2019年1月にメジャーデビューを果たしたソロのシンガーソングライターです。

また美波さんがYoutubeで公開しているMVはアニメーション映像ばかりで、ご本人はあまり素顔を公開していないのですが、実は抜群に可愛らしいお顔をしていらっしゃるんだとか。

そして紅白歌合戦への出場の可能性ですが、美波さんが1月にYoutubeにて配信された『カワキヲアメク』はすでに4000万回を超える再生数と驚異的な数字を叩き出しており、注目度が高いので出場の可能性は十分にあると思われます。

https://twitter.com/Hiro__373/status/1079759032171286529

紅白出場に内定している歌手

2019年紅白歌合戦に出場が内定した人を随時更新していきます。

2019年紅白歌合戦に出場内定【菅田将暉】初出場

早くも菅田将暉さんが紅白歌合戦初出場に内定しました。

前年度にもオファーがあったものの出場叶わず…しかし数々の節目から注目度高まる今年の紅白に”目玉”としての出場が噂されています。

実力派俳優の顔だけでなく歌手としても人気を集めている菅田将暉さんの紅白の舞台が楽しみですね!

紅白歌合戦の夢かなう 【Official髭男dism】 初出場

rockinon

11月2日にスポニチより4人組バンド『Official髭男dism』が紅白歌合戦に初出場することが内定しています。

バンド名には「ひげが似合う年になっても誰もがワクワクする音楽を続けていきたい」という思いが込められているのだそう。

また今回の初の紅白歌合戦出場にあたり、関係者は

10月に発売したアルバム『Traveler』の売り上げが20万枚を超え、ストリーミング(定額聴き放題)サービスで圧倒的な人気を誇り、「お茶の間に浸透している証」と高評価しています。

さらにアルバムに収録されている『Pretender』は映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』の主題歌となり、ストリーミング再生では史上最速で総再生回数1億回を突破した今年一番のヒット曲といわれており注目度も高い点が評価されている様です。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事も人気です